スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

ブログ、お引越します!

ずーっとお世話になってきたfc2ブログが、中国では見られないので…



「おひっこししま~す。」
P4184981.jpg




「これからもよろしくね。」
P4185001_20111001144323.jpg


お引越先はこちら↓
(新)カウアイ的日常

よろしくお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
↑ランキング参加してます。「イタグレ」のボタンをクリックしていただくと1票はいります☆ポチッとよろしくおねがいします。
スポンサーサイト

| 出国準備 | 16:00 │Comments1 | Trackbacks0編集

狂犬病抗体値検査、基準パスしました!

9月に入ってから、咳が止まらない病に冒されていたおかーしん。(一部では中国行きたくない病ともささやかれ…)永らくブログを放置しておりましたが、狂犬病抗体値検査の結果が先頃郵送で送られてきました!





「おかーしん、ぼくの血、検査どうだった?」
0916_0251.jpg





カウちゃんの結果は…
92.3IU/mlだったよ~!これでおとーしんのいる上海に安心して行けるね!(これは静岡いたときの写真)
0916_0294.jpg
この数値が基準にたいしてどういう意味があるのかはわからないんですが、とりあえず、狂犬病抗体検査はクリアしたということで…。ほっ。



そうそう、明日からカウちゃんはおかーしんと一緒に、カウアイの大好きな◯◯っち&◯◯ちゃん夫婦に会いに行くんだよ。
0916_3022.jpg
◯わ◯ちゃんもいるよ。楽しみだね。

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
↑ランキング参加してます。「イタグレ」のボタンをクリックしていただくと1票はいります☆ポチッとよろしくおねがいします。

| 出国準備 | 22:28 │Comments4 | Trackbacks0編集

狂犬病抗体値検査のため血を抜いてきました

カウアイの出国準備、日本からの出国・中国への入国をするための検疫の準備についてはまた改めて記事にしたいと思っているのですが、今回はカウアイが日本を出国した後、いつでも日本に帰国できるようにするために必要な準備についてです。



日本は狂犬病の発生の無い国で、中国は狂犬病が発生している国なので、そういった国から日本にカウアイを帰国させようとすると、通常滞在国で180日間の輸出待機が課せられます。(中国で半年待機しなくちゃならない)

ただ、日本出発前にマイクロチップによる個体識別、複数回の狂犬病予防注射、採血及び狂犬病に対する抗体価の確認を行うことで日本帰国時の係留期間が12時間以内で済むそうです。(詳細はこちらより)

…ということで、今回カウアイがどのタイミングでも日本に帰ることができるよう、狂犬病抗体値検査をお願いすることにしました。


まずは動物病院でカウアイの血液をとってもらいます。それを1時間半程度分離器にかけ、血清の部分を抽出。
この血清を受け取り、自分でクール宅急便で財団法人畜産生物化学安全研究所へ送ります。
P9081651.jpg




カウアイ、最近はもっぱら病院は苦手で、じゃあ採血しますよ~と先生に連れて行かれるときも足をふんばって抵抗していました。カウアイは首の血管から血を抜いたそうです。首の部分が内出血で赤紫色になってるのがわかるでしょうか。
先生には内出血するけど心配しないでくださいと言われました。カウアイも痛がるようなことはありません。
P9071640.jpg




この検査で必要な狂犬病抗体値は、血清1mlあたり0 .5IU以上であること。検査してこれをクリアできれば、採血日から2年間はいつでも日本に帰って来れることになります。
「がしがしがしがしがしっ」
P9041602.jpg





「がしがしがしがしっ…なにか?」
カウアイはよくお布団なんかをがしがしするんだけど、これって歯がむずがゆいのかなぁ?
P9041601.jpg




カウアイ、採血よくがんばったね。
P9041611.jpg




そうそう、クレートトレーニングも順調に進んでいます。
夜、ハウスと何度かいうと、「はい…」という感じでクレートに入るカウアイ。一度入ったら出てこようとせずに朝までドアが開いたままでもクレートの中で寝るようになりました。
(でもおかーしんがベッドで寝るまでは、カウアイがおかーしんのベッドにもぐりこんで寝ています)

「すやすやすや…」
P9011491.jpg





「ぼく、エラい?」
P9011493.jpg
エラい!エラいよ~カウちゃん!!


にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
↑ランキング参加してます。「イタグレ」のボタンをクリックしていただくと1票はいります☆ポチッとよろしくおねがいします。

狂犬病の抗体値の検査の結果がでるのは来週末あたり。万一結果が出なかったら、また狂犬病注射→採血→検査になる模様…。カウアイの抗体値がちゃんとでますように!

| 出国準備 | 23:49 │Comments10 | Trackbacks0編集

クレートトレーニングを再開

先日飛行機用のバリケンを購入しましたという記事を書きました。
カウアイは小さい頃、クレートに入れるとぴーぴー泣くので、クレートで寝かせたり、お留守番したりということをあきらめたカウアイ家。(今までお留守番はだいたいの部屋が行き来ができるフリー状態、寝る時は飼い主と同じベッドで就寝)

10月のカウアイの上海渡航時の、飛行機に乗ること(貨物室では飛行してる時の音があったり、真っ暗など、カウアイ未体験の環境になる)、また中国入国時の係留(バリケンを係留中も使用するかは不明)もあり、カウアイがクレートのようなスペースで、少しでも不安を軽減できたらと、一度あきらめたクレートトレーニングを再度始めてみることにしました。
P8201075.jpg




カウアイはクレートには入りますが、ドアを閉めるとぴーぴー泣き、しまいに泣き声が吠えに変わったりということがありました。なので最近クレートのドアは取り外したままになっていました。

さらに飛行機用のバリケンは今までのクレートに比べスペースも大きく、ごほうびを持って「ハウス!」というと入ってくれますが、自然にバリケンの中に入るということはあまりありませんでした。
↓バリケンと一緒に購入したベッド。(厚さ3cmくらい?に普段使っているカウアイ用の小さい毛布を一緒に入れています)
P8201061.jpg




もしかして、ふかふか具合が足りないのかも!と実家で使っていたこたつ用毛布を拝借し、バリケンに入れてみました。するとカウアイが自然にバリケンに入るようになり、日中などそこでお昼寝するようになりました。
その翌日、試しに留守番時にカウアイをバリケンに入れてドアも閉めてみると、泣きもせずバリケンの中でじっとしています。
これを3日間くらい続けて(お留守番の時間はだいたい3時間程度)います。
P8261367.jpg




また、最近IGdaysのシオンちゃんが旅行中にクレートで寝ることに挑戦されている記事を拝見し、IGdaysのさらさらぴこさん、archives ≪小雪と私の365日≫のviniさんにクレートはワンコにとっても人間にとってもいいことですよと励ましてもらったのをいいことに、
よし!カウアイも夜クレートで寝ることに挑戦してみよう!と思ったのでした。(←単純^^;さらさらぴこさん、viniさん勝手にリンクすみませんっ)




まずはおかーしんとカウアイが寝起きしている部屋に置いてある小さいクレートで寝る練習。

☆1日目
夜0時くらい、カウアイと寝ている部屋に行くと、カウアイがするっとクレートに入ったので、そのままドアを閉め、電気を消し寝る体勢に。最初10分くらいくんくん泣きましたが、そのあとは諦めたのかベッドに顔をうずめて寝たカウアイ。この日はカウアイがトイレに行きたがるんじゃないかとか、のどが乾いてるんじゃないかと、2時間置きくらいに目が覚めたおかーしん。起きるたびに私が小さな電気をつけて確認するのでカウアイも少し目を開けますが、それでも大人しく寝ています。結局そのまま朝の5時くらいまでドアは閉めたまま。そのあとドアを開けるとトイレで用を足していました。そのあとはおかーしんのベッドで二度寝。


☆2日目
夜0時くらい、カウアイが自分からはクレートに入らないので、ミルクガムをクレートの中に置いてカウアイをクレートへ誘導。そのままドアを閉めおかーしんも寝る体勢に。前日の寝不足がたたりすぐ就寝。翌朝6時に目が覚めクレートのドアを開けてあげました。(その後カウアイはおかーしんのベッドとクレートを自由に行き来)
P8241350.jpg




☆3日目
夜0時なかなかクレートに入らずおかーしんのベッドの上で寝ていたカウアイを起こし、ハウスの声かけを何度もして、しぶしぶクレートに入ったカウアイ。翌朝は5時にクレートを開けてあげて、トイレ後おかーしんのベッドで二度寝。
P0826.jpg



こんな感じで夜寝るときクレートの中で寝かせているのですが、2日目以降は泣いたりせずクレートの中に入ると静かに寝ます。ただ夜寝るときになると自らクレートの中に入ろうとしなくなっているのが気になるところ…。
また日中は、人間のベッドの上でお昼寝したりしていて、一回朝起きた後、7時~8時まで寝る間の二度寝はおかーしんのベッドで寝ていること(ドアが開いたままのクレートに入っていることもある、ベッドの温度が高くなるとクレートに戻るのかな?)は、クレートトレーニングにはよくないのかな?と疑問があります。

クレートトレーニングの目的は、カウアイがクレートの中にいれば安心、快適と思ってもらうこと。
まずは、カウアイがクレートの中でドアを閉めても泣かなくなったので、ひとまずいい方向に向かっている!と思うのですが、まだクレート大好き!っていう感じではないようです。
今後も夜はクレートでドアを閉めて寝てもらって、様子をみてみようと思います。



にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
↑ランキング参加してます。「イタグレ」のボタンをクリックしていただくと1票はいります☆ポチッとよろしくおねがいします。

とりあえず夜クレートの中でカウアイが寝られることがわかったときは、嬉しくて仕方がなかったおかーしん。カウちゃん、最初は寂しいって思うかもしれないけど、慣れて行けばきっと居心地のいい場所になるはず!おとーしんのいる上海に無事に行けるように、トレーニングもう少しがんばろうね。

| 出国準備 | 00:44 │Comments4 | Trackbacks0編集

飛行機用のバリケン、上海みやげ、ついでに梨

カウアイのクレート。ここだけの話ですが、今年の節電の夏用に購入していたひんやりジェルマット、これをおかーしんのベッドに敷くと、カウアイがベッドに上がってこなくなりました。(ひんやりするのが嫌なんだね)
そして、普段夜寝ることのなかったクレートで寝だしたカウアイ。以前はクレート嫌いでしたが、今では落ち着く場所となったようで、日中もクレートの中で過ごしていたりします。
P8201046.jpg



今10月半ばのカウアイの中国入国のために、いろいろと準備を進めています。
国際線の飛行機にペットを乗せる場合、IATA動物輸送規則なるものがあり、そこで定められている規定を満たすクレートを用意するようにとありました。(参考ページはこちら→
カウアイのサイズをはかって、クレートのサイズを見ると、かなり大きなものになります。一応JALの国際貨物の営業所に問い合わせてみると、規則に沿ったものでないと、当日罰金を払うことになったり、クレートを交換してもらうことになる可能性があります…。と言われました。当日カウアイが飛行機に乗れないと困るので、ここは規則通りのサイズのクレートを購入することに。
P8201091.jpg





先日ネットで注文してあったバリケンネルウルトラIMが届きました。最初届いたバリケンを見てびっくり!かなり大きい!
赤ちゃんのお風呂みたいな大きさだったので、もう一回カウアイのサイズをはかり直しましたが、やはりこの大きさのバリケンが必要でした。

「お母さん、ぼくイイコにしてるよ。イイコトは??」
P8201059.jpg


(お母さんがもつ梨に釘付け中に写真を撮らせてもらった)
「梨…梨…。」
P8201064.jpg





今まで使ってたクレートと比べるとこんな感じ。
立った状態でも天井に頭がつかないし、両足をびろーんと伸ばした状態で寝ることができる大きさです。
カウちゃん、これでどこの飛行機でも乗れるね!!

「大きいクレートはまだちょっと落ち着かない感じ。」
P8201075.jpg
上の写真で右のクレートに入っている犬のぬいぐるみは、先日おかーしんが上海に遊びに行った時に買った、カウアイへのおみやげ。IKEAで見て、おとーしんがいっぱいいる同じ型のぬいぐるみの中からカウアイにと言って選んでくれたコです。



小さい方のクレートで寝ると時々顔がはみ出しているので、カウアイの枕代わりになることが多いです。
P8140977.jpg




クレートには入るけど、ドアを閉めるとくんくん泣くカウアイ。
これからドア閉めた状態での練習の時間も増やしていこうね。
P8201087.jpg


にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
↑ランキング参加してます。「イタグレ」のボタンをクリックしていただくと1票はいります☆ポチッとよろしくおねがいします。
P8201037.jpg
昨夜はずいぶん涼しかったので、ひんやりジェルマットの取っ払われたベッドでぐーぐー寝ています。カウちゃん顔すごいね。

| 出国準備 | 14:36 │Comments6 | Trackbacks0編集

| main |

プロフィール

welnoo

Author:welnoo
イタリアングレーハウンドのカウアイです。
オスです。
2007年5月21日生まれ。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。